スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのよくわかるやさしいエクセルVBA実践8回目

初めてのよくわかるやさしいエクセルVBA実践8回目http://vba.asai.net
expert.jpg
少し大きい文字少し大きい文字
今回もムダをなくすをテーマに情報発信していきます。
一般的にコンピュータでムダをなくすということは1つのデータ(ファイル)を多くの人が共通で使う。
同じデータを2度入力しないことです。
売上.xlsmの売上シートの売上データの入力時に別のブック商品.xlsxを使うことを考えます。
これがマスターできれば共通ファイルの場所がわかっておれば自分だけでなく多くの人がデータを活用できます。
別のブックを使うことはブックのオープンが理解できていないと使えないと思いますのでブックのオープンの説明が終わってから紹介します。
今勉強されたい方はメルマガNo49を参照してください。
http://archive.mag2.com/0001547490/index.html
今回は商品.xlsxブックの商品シートのデータを売上.xlsmの商品シートにコピーしてあるとして説明していきます。
別のブックのシートコピーはエクセルのシートコピーを使えば簡単にできます。
今回は商品フォームのコードをのせます。

Option Explicit

Private Sub cmdCancel_Click()
Unload Me
End Sub

Private Sub cmdOK_Click()
ActiveCell = lstSyouhin.Text
Unload Me
End Sub
Private Sub lstSyouhin_DblClick(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
ActiveCell = lstSyouhin.Text
Unload Me
End Sub

Private Sub UserForm_Initialize()
Dim i As Long
Dim lastrow As Long
lastrow = Worksheets("商品").Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
For i = 1 To lastrow
lstSyouhin.AddItem Worksheets("商品").Cells(i, 1)
Next
End Sub
listboxvba.jpg


ポイントは
1)商品一覧のリストボックスlstSyouhinに商品シートのデータを
lstSyouhin.AddItem Worksheets("商品").Cells(i, 1)
で取り込むところです。
FOR文はまた詳しく説明します。
2)売り上げシートの入力したい部分今回はアクティブセルを使ってリストボックスで選んだデータを取り込みます。
ActiveCell = lstSyouhin.Text

次回はブックのオープンを基礎から説明していきます。


毎週の無料・有料セミナーの案内は
http://vba.asai.net
に掲載しております。
amazonでよくわかるVBAの教材5000円で販売しております。

http://www.amazon.co.jp/
(よくわかるVBA実践で検索してください)

セミナー場所・お問い合わせ先
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2-111
ナガセキャリアプラザ アベノ校
VBA実践塾 塾長 浅井良一
http://vba.asai.net
ryoichi@asai.net
電話0120-555-309

スポンサーサイト
プロフィール

Author:浅井良一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。