スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくわかるVBA実践塾(VBA部品の紹介と勉強)

 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿
    よくわかるVBA実践塾(VBA部品の紹介と勉強)
   (エクセルの初心者対象・プログラムの大革命)
http://vba.asai.net
 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆┿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓VBAをマスターして仕事を早くして給料をあげよう。儲かる会社にしよう☆
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………
 ┃    VBA実践塾は、VBAはプログラムを作るのではない
部品を修正して使うという考え方で実施しております。
 ☆。.:*:・’゜  ─ 部品の公開メルマガ No57─
  ……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿
   よくわかるエクセルVBA実践(部品を使うための知識)
 ┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆┿
┌─┐
│1├───────────────────────────────┐
└┬┘★前回はフォームを使ったマスター登録を説明しました★ |
 └────────────────────────────────┘
前回はフォームを使ったマスター登録を説明しました。
今回はセミナーの受講生さんからメールの大量データからある文字情報を
引き出したい。という要望とアマノの食堂システムのデータを修正して
社員別に集計し給与奉行に渡すという要望がありました。
どちらも30分ぐらいでVBAのサンプルが作れましたのでVBA実践塾
ホームページhttp://vba.asai.net
に載せましたので参考にしてください。
VBA実践塾というか私のITの考え方を本年最後のメルマガですので
紹介させていただきます。
40年近く前外資系のコンピュータ会社に就職し、技術・教育・営業を
経験させていただきました。
特に金融関係の担当だったのですがどの会社も数十名のコンピュータの
担当の方がいらっしゃいました。
金融などほとんど同じものだと思いますが自社にあったシステムを毎日作って
いました。
自社にあったシステムを改良していくのがITの考え方だという信念を持って
いましたがオーダーソフトは価格が高く中小企業では手におえないものでした。
しばらくしてからオフコンのパッケージが登場し各メーカーの代理店が販売
するようになりました。
ところが中小企業の場合は安ければ良いという企業が多くまた担当者も何人も
養成できないため、担当者が辞めてしまうとシステムが止まった例を何度か
みてきました。
25年続いている私のソフト会社も、私一人の時は30万円ぐらいでオーダー
ソフトを作って納品していましたが、社員が多くなるとそのようなことは
できなくなりパッケージソフトのカスタマイズに手を出していきました。
ERPということで販売していったのですが、ほんとうのERPに比べて桁が2つ
違っていました。
中小企業は値段も安いし元はパッケージだから安心だと思って導入した企業が
多かったです。
今それを導入して困っている企業が多くあります。
ITの環境が変わったためにバージョンアップするのにコストがかかりすぎるように
なったのです。
私の会社はお客様にあったソフトが一番だという初心に返り、安いオーダーソフト
の路線に変更しました。
理由は開発言語の部品が良くなったため、生産性が上がったことです。
お客様がエクセルを使って仕事の流れをつかんでいるため設計に手間がかからなく
なったからです。
何事もそうですが波があり、いつも原点に返るとそこに答えがあります。
VBAを使ってエクセルのデータを活用することは原点だとおもっております。
では来年もよろしくお願い申し上げます。

  質問のある方またご意見のある方は自由にメールをしてください。
 
┌─┐
│2├───────────────────────────────┐
└┬┘★今回はフォームを使ったマスター訂正を説明します★      |
 └────────────────────────────────┘
  フォームを使ったマスター訂正はメルマガ No52で説明していますので
  今回は生徒さんの要望アマノの食堂システムのデータを修正して社員別に
  集計し給与奉行に渡すというテーマを説明します。
  外部データはCSV形式で出力されることが多いのでCSV形式を取り込みます。
  CSVのある場所d:\移行データ\syokudou.csvと作成するシート名毎日さえ
  わかればそこを変更するだけでCSV形式がエクセルシート毎日に取り込まれます。
  次は取り込んだデータを合体シートに合体します。
  その時日付を指定しますので一番楽なinputboxを使っています。
  hiduke = InputBox(Prompt:="合体日は", Default:=Date)
  Defaultを指定しておくと今日の日付が表示されますので変更がなければ
  そのままOKを押して日付を列に入力しながら合体します。
  ポイントは毎日シートをどのようにして合体シートに合体するかです。
  1・合体させる最後の行+1を調べます。
  2・毎日のシートの行数分追加させます。
  そのために毎日の最後の行を調べます。
  3・合体時に日付を追加していきます。
  以上を理解して部品集(データベース)
  http://vba.asai.net/buhind.html
  表から他の表への転記(コピー)を使います。
  
  For i = 2 To lastrow
    Worksheets("合体").Cells(lastrow1 + 1, 1) = hiduke
    Worksheets("合体").Cells(lastrow1 + 1, 2) = Worksheets("毎日").Cells(i, 1)
    Worksheets("合体").Cells(lastrow1 + 1, 3) = Worksheets("毎日").Cells(i, 2)
    Worksheets("合体").Cells(lastrow1 + 1, 4) = Worksheets("毎日").Cells(i, 3)
    lastrow1 = lastrow1 + 1
  Next
  
  最後にメッセージを出しておきます。
  MsgBox "合体されました"

  次回は食堂データの計算の社員で集計したシートの作成と
  集計したデータのCSV形式で出力を説明します。

┌─┐
│3├───────────────────────────────┐
└┬┘★ 習うより慣れろ                      |
| 練習問題・実践をすることです ★     |
 └────────────────────────────────┘
  VBA実践のメルマガの永い読者はまた同じことかと思われるかもしれませんが
  基本は同じですのでそれを何度も少し変わった面から作ることが本当の
  力になってくるのです。
  わかったと思って訓練をしないと実践力がつきません。
  キャリアアップをめざして頑張ってください。
┌─┐
│4├───────────────────────────────┐
└┬┘★12月のVBA実践無料セミナーは12月 28日(土)         |
|  1月のVBA実践無料セミナーは 1月 11日(土) 19日(日) 25日(土)|
|    10:00~12:00 テーマ:合理化・ムダをなくす |
| 具体的な活用方法の相談と説明・事例紹介 ★|
 └────────────────────────────────┘
┌─┐
│5├───────────────────────────────┐
└┬┘★ 1月のVBA実践有料セミナーは 1月 5日(日)18日(土)   |
|    9:00~17:00 内容:VBA実践基礎       |
|    受講費用 ¥20,000(税抜・教材費込)     |
 └────────────────────────────────┘
┌─┐
│6├───────────────────────────────┐
└┬┘★ VBA実践塾の第1号「よくわかるVBA実践」CD版 |
| 発売中(価格5,000円)                |
| ご購入希望者はamazonにて販売中)★            |
| http://www.amazon.co.jp/(よくわかるVBAで検索してください)★ |
 └────────────────────────────────┘
┌─┐
│7├───────────────────────────────┐
└┬┘★ 現金主義会計ソフトCD版              |
| を発売しました(販売価格2,500円)         |
| ご購入希望者はamazonにて販売中)★            |
|http://www.amazon.co.jp/(現金主義会計ソフトで検索してください)|
|簿記は難しい。しかし税務申告はこの簿記の考え方を採用しています。|
|この会計は、最小の努力で税務申告も可能な決算書が完成できるように|
|工夫しました。指示に従って初歩の簿記知識もマスターしましょう。 |
 └────────────────────────────────┘

 ──────────────────────────────────
  次のOdysseyのサイトに漫画でVBAを説明していますので参考にしてください
  http://vbae.odyssey-com.co.jp/column/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □■セミナー場所・お問い合わせ先
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-2-111
ナガセキャリアプラザ アベノ校
VBA実践塾 塾長 浅井良一
http://vba.asai.net
ryoichi@asai.net
電話0120-555-309
スポンサーサイト
プロフィール

Author:浅井良一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。